コロナを乗り越えよう

大変な世の中になってきた。
今は我慢のとき。とにかく動かずじっとしていよう。我が家もカミさんとゾーンを区切って、最小限の接点としている。
会社も先週から在宅勤務が拡がり、隔日勤務くらいになってきた。
まだまだ感染が拡がるかもしれない。

今後、社会も個人も価値観や生き方の変化が生まれてくるだろう。質素に助け合いながら、懸命に生きる、昔はそんな世の中だったな。

子供や孫の世代に希望が持てるようになればと切に思う。

コロナ対策は最後は自分自身で決断

久びさに記事を書く。前回1/11以降の我が家の大きな出来事としては、1月中旬に、1時間以上離れたら自宅に一人住まいしていた義母が、ウチから徒歩10分の賃貸マンションに引っ越してきたこと。89歳でも高齢者に理解のあるオーナーがいて、毎日、出向いて様子を確認することを誓約書として提出することを条件に契約できた。そのため、毎日、カミさんがお昼ご飯を一緒にとることに。

そして、それからしばらく経って、このコロナがだんだん猛威をふるいだした。

しかしながら、高齢再雇用であっても自分は毎日、マスクと手袋しながら満員電車で通勤。一方で、高齢者が特に危ないと言われ、カミさんも自分自身、肺に既往症の影が残っていると毎年の人間ドッグで言われていたこともあり、死への恐怖を口にし出した。実母に感染させてしまうリスクもある。
そこで、自分は仕事と家族の健康を量りにかけて、今週火曜日から来週末まで有給休暇を取っている。
現役ではないし、コロナよりも優先すべき仕事はないと考えたが、会社のなかで、こんな休み方をしている人はいなさそうだ。世の中的にはかなり気楽な身分に自分はいると思うが、社内の人間はどう思ってるんだろうと少しは気になる。

ただ、そんなことより、会社を休んだことで、娘からは、妻、娘、孫、祖母のために休んでくれて断固として支持するなど、評価された。

仕事から毎日、離れたら、コロナの恐怖をより我が身のこととして考えられている気がする。毎日、満員電車に揺られ通勤することが当たり前だと思ってると、そこから抜け出せないものだ。多分、自分は大丈夫だろうと正常化バイアスが働いているからだろう。

やはり、緊急事態宣言で違うステージ感を醸し出さないと人は本気に考えることができないのか。
緊急事態宣言は週末から遅くとも週明けには発令されるだろう。
今までにない世の中がもうすぐ見えてくるはずだ。

早稲田ラグビー11年ぶりの大学選手権優勝

いろいろ考え事をしてたら、だいぶブログを休んでしまった。

今日は書かざるを得ない。

早稲田ラグビーが明治を下して、11年ぶりに大学選手権を制した。
いやー、めでたい、めでたい。

対抗戦ではボロ負けしてたので、劣勢かと思ったが、CTB中野が復帰して、攻撃に厚みが出た。同じ4年生の斎藤、岸岡のハーフ団も目立っていた。

思えば、テレビで初めて早稲田ラグビーを見たのが高校生の頃。50年近く応援し、これからも死ぬまで、ハラハラドキドキ、見守っていきたい。

通勤ルートを変更

今週、定期券が切れたので、通勤ルートを変更した。
今までは始発で座って楽チンだったが、東葉高速線は運賃が高く、毎月、1万円以上の持ち出しになるので、船橋経由で東京までの所定ルートとした。20年ほど前に使ったことがあり、懐かしくもあり、ちょっと大変だけど、船橋、東京を歩くのは少し新鮮に感じる。

帰りの船橋ではデパ地下もあり、いろいろな食べ物屋があるので、これから楽しみたい🎵

新国立競技場の落成

新国立競技場が完成し、報道陣に公開されたニュースを見た。

木の香り、温もりを感じる収容人数62000人の大スタジアムだ。

旧国立競技場の最後の2年間くらいは、夜間に開催されていた激走ランニング教室に、たまに参加してたので、そのときトラックを走りながら見上げたスタンドの倍くらいの高さがあるのではと感じた。4階席まですり鉢状に設計されているようだ。

早速、来年1月の関東大学ラグビー決勝はここで行われるそうだ。

楽しみだ。

オリンピック代表

卓球女子は平野美宇を応援してたが、あと1歩、石川に及ばなかったな。残念。でも、まだ19歳、東京もダブルスでの出場は濃厚だろう。気持ちを切り替え、頑張って欲しい。

それにしても、中国勢は強いな。そこまで強くなるメソッドは絶対にあるはず。何だろうね。

バドミントン女子ダブルスも正念場。

年が明けるといよいよオリンピックイヤーだ。